一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


ひきつづき日本からこんにちは、スズナです。
Twitterで私の記事をつぶやいてくれてる!ありがとう!

無事パッキング終わりました!(ドヤ顔)写真UPの練習がてら載せます。どーーーん。


小さめのスーツケースにぎっちり詰め込みました。これで10kgぐらい。
女子にしては小荷物でしょう?

さて、のちにインターンへ参加することとなる方のためにも、今回は渡航前準備について記します。
リンクも貼ったのでよければ飛んでみてください:)
全体的に大雑把で参考にならない部分の方が多いかと思います。そこはご容赦ください。


【予防接種】
一切打ってません。w打つべきだったんだろうけど、高いし何回も病院行かなあかんし…
死なないよう気をつけます。

【VISA】
フィリピンはビザなしで21日間滞在できます。
それ以後は現地の移民局で手続きさえすれば延長可能。
この移民局の評判がすこぶる悪い(無駄に待たされる、仕事が遅い、混んでるetc)ので、
日本で事前にとろうかと思いましたが、書類準備が煩雑だったのでやめました。

【保険】
損保ジャパンのフリープランを申し込み。
56日間、治療費用・賠償責任・携行品の保証で約1万円。ずいぶん安くすみました。
インターネット申し込みだとクレジットでしか支払いができません。お持ちでない方はご注意を。
イマドキの大学生は自分のクレジットカード持ってるものなんでしょうか。

【航空券】
Jet Starの直行便。往復で約43,000円でした。
復路、航空券自体は8000円だったのでめっちゃ安かったです。LCC万歳!

【お金】
海外送金に対応しているシティバンク銀行で口座開設しました。
自分の口座に日本円を入金しておけば、現地のATMにて現地の通貨で引き出せます。
インターネットでちゃっちゃーっと開設できるし、大金を持っていくのが怖いって方におすすめ。
でもまだ入金していない。意味なし。空港でやります。

【その他】
▼アイセックのプレパレーションイベント
外部講師のお話と、OB研修生の経験談を聞き、自分の目標設定を行うという内容。
目標を考えるきっかけになったことと、他のインターン生と知り合えたことが主な収穫でした。

▼OGさんたちと会う
出国までに4人のOGさんたちとお話できました。これが一番大きかったです。

目標設定に関してはまた改めて書くつもりですが、私の場合
自分の理想が漠然としていてそれに至るまでの過程を具体化しにくかったのです。
そんな悩みをご相談したりだとか、研修先について詳しい話をお聞きしたりしました。

いろんなアドバイスや体験談、近況などをおしゃべりしましたが、集約すると

・10年後のことなんか考えなくてもいいけど、研修後どうなっていたいかは考えた方がいい
・行って1週間が勝負。いろいろ見聞きして自分がアプローチしたい問題を見つける
・自分の人生におけるこだわりは何かを考えてみよう

この3つが印象的でした。
何かとよく考える割に結論を出さないのが自分の悪いところの1つなので、
「考え抜いて結論を出す」ということは意識したいです。

▼お勉強
マリガヤハウスでは日本語講座もやっているとのことだったので、
日本語の教え方に関する本や、日本文化を紹介するための英語表現の本を軽く読みました。
当初は日本文化紹介のネタ(ex. 折り紙、書道、万華鏡作成キット)をいくつか用意しようかと
思っていましたが、なんかベタすぎてつまんないなーと思い直してやめました。
しかもマリガヤの過去資料を漁っていたら、そういうセッションの計画書もあり。

どうせ教えるなら、普段の何気ない生活文化を紹介したいですね。
日本のトイレのハイスペック具合とか、ティッシュ配りとか。マニアックすぎますか?w
何かいいネタがあれば教えてくださいませ。


【まとめ】
フィリピンはビザや予防接種に緩い国なので、こんな大雑把な準備でもなんとかなりました。
が、他国はきっと違います。そしてなんとかなっているかはまだ不明です…w
ご準備は計画的に。


渡航準備編は以上です!次回はフィリピン到着後に。


おまけ:
岸川さんが書いていた「あなたとってもいけめんですね!」。
フィリピン語ではTalagang guwapo po kayo!かなー。

 

はじめまして!

外国語学部フィリピン語専攻4年の山本涼菜といいます:)
学生最後(になるはず)の夏休みいっぱい、

フィリピンのマニラにてインターンシップに参加してきます。

 

パッキングは全く手をつけてません(※出国は85日=明日)。
直前にやるんだ直前に……


それはさておき。

初回ということで、私のインターン先の紹介と今の心境を書きます。


 

▼インターン先紹介。

私がお世話になるのはMaligaya House(マリガヤハウス)というNGOです。

日本人と結婚したフィリピン人女性と、その間に生まれた子ども(JFCJapanese-Filipino Childrenの略)の法律的・精神的カウンセリングや自立支援を行っています。

このブログの執筆者の1人である、安田あかねさんがインターンしていたBatisとは姉妹のような感じです^^

ちなみにMaligayaはタガログ語で幸せという意味です。

 

マリガヤハウスはこれまでにたくさんの日本人インターン生を受け入れていて、

私と同時期に10人弱のインターン生が集結しますw日本人祭り…( ゚д゚ )

 

私のインターン中の基本的なお仕事は、

資料の翻訳やクライアントさんの家庭訪問同行など。

とは言えど、アイセックフィリピンのメンバーからは

「自分のやりたいことを計画してそれを実行してくれ」と言われています。

 

他のNGOに比べて基本的な仕事はほんとにたくさんあるらしいけど、

それだけじゃわざわざフィリピンへ行く意味がない。だってそんなん日本でもできるし。

 

だから、「わたしだからこそ」「フィリピンにいるからこそ」できることを追及していきたいと思います!


 

▼出発を目前にして思うこと。


楽しみ
7割、不安3割というのが今の心境です。

 

楽しみ7割の内訳:

・フィリピンで暮らすこと自体への期待

・フィリピン在住の方のブログやら情報サイトを眺めては滞在中の自分をイメージ

・新しい出会い(NGOのスタッフさん、他のインターン生、現地アイセックメンバーetc

・行きたいところいっぱい(一番行きたいのは棚田)

・あわよくば就活と研究のためのデータ集めをしたい

 

不安3割の内訳:

・年下、初対面、女の子たちとの共同生活。うまくやっていける?

・ちゃんと貢献できる?やりたいこと、見つかる?

・帰国後就職どうしよう。

 

イメージトレーニングの成果もあって(?)、期待感は高まっています!

何事も楽しめたもん勝ち!


 

では、今回はこのあたりで。渡航前にもう1回投稿します:)

1

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 06.スリランカの丘陵地帯に行ったら一面○○だった
    みなと
  • 06.スリランカの丘陵地帯に行ったら一面○○だった
    じんのうち
  • 06.スリランカの丘陵地帯に行ったら一面○○だった
    みなと
  • 04.スリランカのビーチが集まるに南西部に行ってきた ―ウナワトゥナ―
    みなと
  • 03.ジャングルに突如現れる巨大な岩に登ってみた
    じんのうち
  • 03.ジャングルに突如現れる巨大な岩に登ってみた
    なかじ
  • 03.ジャングルに突如現れる巨大な岩に登ってみた
    みなと
  • 03.ジャングルに突如現れる巨大な岩に登ってみた
    たかみりょせ
  • 02. 仏の歯がある寺に行ってみた
    じんのうち
  • 01.スリランカからこんちゃーっす
    じんのうち

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM