一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

馬場千佳です。
帰国しましたが、研修最終日について書きます。
<今日したこと>
・「アルプス一万尺」をおしえる
アルプス一万尺って知ってますか?2人組で歌いながらする手遊びです。似たような手遊びを幼稚園の子供がしているのを見かけたので、おしえてみようと思いました。
しかし、子供たちにとってはかなり難しいよう。すごく真剣な顔をして取り組んでくれましたが…先生の配慮で部分ごとにおしえましたが、1週間は覚えるのにかかると思う、とのこと。自分が幼稚園の時に流行ったので、できるかと思ったのですが。自分がどうやって覚えたか思い出そうとしましたが、分からず。うーん。
・避難訓練
幼稚園の所在している町全体で行われました。何時にベルがなるかということも知っているので、子供たちは上着を着、靴を履いて教室で待機するという状態。ベル鳴ると子供たちは両端を先生が持つロープをつかんで屋外に避難します。それだけで終わりかと思ったら…
警察、消防、ヘリコプター、警察犬、なども集まって幼稚園で逃げ遅れた人を助け出す練習が始まりました。軽傷の人から重体の人まで様々なバリエーションがあり、担架で運ばれたり、かなり本格的。報道陣も大勢集まり、避難訓練でそこまで集まるのは平和な証拠かな、とも思いました。
後で先生にきいたのですが、毎年ここまで大がかりなことはなく、今年初めて幼稚園にて救助練習が行われたそうです。
・公園に散歩に行く
昨年の大雪の影響で切り倒された木が遊具として置かれている公園があります。そこまで行きました。加えて、先生が隠したお菓子を探すという宝探しも。割とあっさり見つかりました。
・お世話になったクラスにあいさつに行く
今まで参加させてもらったクラスにあいさつに行きました。主に先生にお礼を言って昨日作成したオーナメントを渡すことを目的に行きました。

<感想>
今週参加したクラスではあらかじめ決まっていた予定が多かったので、あまり日本文化についておしえる時間がとれませんでした。何としてでも何かおしえなきゃ、と日本文化について伝えることを目的化するべきだったのでしょうか。子供と仲良くなることが目的になっていた気がします。

馬場千佳です。


今日の研修についてです。
<今日したこと>
・遠足で湖の周りを歩く
距離は約6km。湖の周りの遊歩道は歩行者、自転車専用になっているので、子供たちも自由に歩かせることができます。普段は子供の指導等に追われ、先生と話す機会がありませんが、今日は歩きながらスロベニア、幼稚園や先生自身について色々きくことができました。印象的だったのは異常気象の話。前の冬はとても寒いのに雪が降らなかったのですが、ある日突然大雪に見舞われ、重さに耐えられなくなった木々が倒れてしまったそうです。確かに、湖の周りには倒れている木々がありました。

スロベニア唯一の島が湖にあります。教会とレストランしかないそうですが、ボートで渡るのが観光の定番。冬には湖が凍るので歩いて渡ることができ、夏には泳いで渡ることができるとか。














途中で休憩をとり、子供たちは各々が持ってきたお菓子を食べていました。幼稚園の遠足では、お菓子の上限金額が決まっており、近所の駄菓子屋さんに行って計算しながらお菓子を買ったのを思い出しました。しかし、彼らにはそのような縛りはないよう。サンドウィッチを持ってきている子すらいました。考えてみたら、彼らは自分が幼稚園児だったころより自由だと思います。給食だって自分が好きなものを好きなだけとって食べればいいのです。私は給食を食べるのを強制されて、他の子供が遊んでいるのを横目に給食を食べ続けた苦い思い出がある分、羨ましいです。自由度の違いは国、時代、それともただ園によるものなのか分かりませんが。

今日は遠足だけで終わりました。午後の自由時間に一つ嬉しいことがありました。今のクラスには英語を話せる男の子がいます。初日に先生がそのことを私に伝えてくれたのですが、彼は話そうとしませんでした。しかし、今日突然「お母さんとお父さんが英語を話すから、僕も話せる。」と話し始めました。その後、少し話しただけですが、心を開いてくれたような気がしました。どこのクラスでもそうですが、初めは警戒しているのか、恥ずかしがっているのか、わかりませんが、話しかけたりしてもあんまり反応してくれません。けど、時間が経てば、たとえ話したり遊んだりしたことがなくても、子供から声をかけてくれるようになります。2週目にいたクラスはとても静かであまり打ち解けられなかったかな、と思っていたのですが、その後園内で私を見かけたら名前を呼んで手をふってくれます。正直よくわかりません。何度か話してるうちに打ち解けるというのはよくわかるし、実際自分もそうだと思います。けど、ただ同じ空間にいるだけです。 まあ、嬉しいですけどね。しかし、明日が最終日。信じられません。

感謝の意を込めて折り紙で作ったリースを研修をしたクラスに渡す予定です。

馬場千佳です。
明日から大学では授業が始まるそうです。友達にきいて知りました。
今日の研修についてです。
<今日したこと>
・サッカースタジアムにいってサッカーをする
毎週水曜日にサッカー専門の先生が来て、ジムでサッカーをするのですが、今日は近くのスタジアムに行ってクラス対抗戦みたいなのをしました。親御さんが見に来ていたり、軽くスポーツ大会のような感じでした。サッカー少年が5人ほどいるクラスが圧倒的に強すぎて、先生が手をかしたのですが、意味がありませんでした。午前中はこれだけで終わったので、特に他はしていません。
訪れたスタジアム。

今日の研修と関係はありませんが、言葉なしでコミュニケーションとることに慣れてきた実感があります。昼寝の時間にふざけ合う子供を制することだってジェスチャーでできるし、お絵かきなら一緒に遊べます。あと、人の動きで状況判断をすることにも慣れたんではないかと思います。言葉が分からないから、って何もせずにいることもできますが、状況を読んで動くのも面白いです。間違ったことをしたら先生が制してくれますし。どんな環境でも適応するものなんですね。

明日は近くの湖へ遠足です。天気がいいことを願います。

馬場千佳です。
昨日は雪が降りました。4月なのにまだ寒いです。
最後の週の初日。5〜6歳の子供がいるクラスです。
<今日したこと>
・日本紹介のプレゼン
日本の幼稚園とスロベニアの幼稚園の比較みたいなことをしました。
しかし、伝わったか微妙です・・・
動物はやはり興味があるよう。なぜでしょう。
・おりがみ実演
折り方を教えるのではなく、作って見せました。つる、ハート、うさぎの顔。
・園長先生とお話
幼稚園のビジョンとか方針についてききました。

・ビジョン
伝統、自然、敬意を大切にするということ。古いもの(伝統)から新しいもの(子供)へとつなげる、といったことをおっしゃっていました。具体的にはイースターなどの行事ごともしっかり行うといったことです。幼稚園の周りには自然があり、畑での栽培等も行っていることが「自然」に表れています。給食も地元のものにこだわったり、添加物を使用しないなど配慮しているそうです。「敬意」というのは、親御さんや子供どおしに対して、だそうです。関係あるかはわかりませんが、定期的に保護者と先生の面談をしているそうです。
・方針
ビジョンに沿っていれば幼稚園の持つリソースを使って先生が好きなことをしていいみたいです。学校のようなカリキュラムがないそう。私の幼稚園では同じ学年であれば、クラスが違えど同じことをしていたので、新鮮です。先生の特技や趣味を活かせるので画一的なカリキュラムよりもいいのではないかと思いました。
・なぜ何度も海外学生を受け入れるか
子供にとって異文化のことを知ることはいい刺激になるから。ブレッドは世界中から観光客は来ますが、多文化都市というわけではありません。だからこそ、世界中から学生を呼んできて異文化に触れる機会を作ることに意味があるのでしょう。
・抱える問題について
特にないそうです。昨年校舎を建て替えた際には物品の移動やプレハブ校舎での生活など大変だったそうですが、今はすっかり落ち着いているそうです。

研修を通じてみてきたものの裏にどういう考えがあるのかが分かりました。

<感想>
今週は4日しかありません。その間に子供たちに受け入れてもらえるかです。今日クラスの先生が過去のインターン生について話していたのですが、週2日しかこなかったり、ビザの関係でスロベニアに戻ってこれず研修中止になったりと、正直海外インターン生にいい印象を持っていないようです。そのイメージ払しょくできるように、積極的にいたいですね。

馬場千佳です。
明日からの週末は3連休です。イースターで月曜日が祝日なので。
<今日したこと>

・イースターの朝食
色のついたゆで卵とプティッツァ(スロベニアでイースターの際に食べられる焼き菓子。)を食べました。イースターが明けた後に食べるというハムとソース(昨日作ったもの)も食べました。プティッツァはイースター以外の時期でもパン屋で販売されており、スロベニア料理の一つです。スロベニア料理の中で私の一番のお気に入りです。いくらでも食べられる気がします・・・

・イースターのゲーム
ゆで卵をレール上に転がして相手の玉子に当てようとするゲーム。本当は金を賭けてするそうですが、幼稚園ではただのゲームとして楽しみました。

<感想>
昨日からイースター紹介になってますね。私が日本文化を紹介するだけでなく、私もスロベニアの文化を学ぶ身なので、欧州的ビックイベントが研修と重なって幸運に思います。今日はこのクラスの最終日だったので、写真をとってプレゼントをいただきました。植物など自然のものからできた軟膏、リップクリーム、ボディークリームをいただきました。このクラスの先生方は自然のものから工作することにこだわってらっしゃったので。
玉子の飾りは先日日本文化を紹介に行ったクラスの先生からいただきました。





来週が最終週で、4,5歳のクラスにいきます。今まで学んだことを活かして上手く伝え、コミュニケーションしていきたいです。

こんにちは。馬場千佳です。
中国人に間違われることがほとんどなのですが、昨日お土産屋で初めて日本人と認識されました。

今日の研修について書きます。
<今日したこと>
・本物の玉子に着色
まず、卵の両端に穴をあけて片方から息を入れて中身をだします。子供にはハードなので先生と私でやったのですが、5つもやるとさすがにしんどいです・・・





○伝統的な色づけ
特別な器具を使って摸様をつけたあとに着色します。





 






○単なる色づけ
紅茶、赤ワイン、コーヒー、カレー粉のような調味料などで色づけ。しかし、茶色の殻の玉子を使用したのと、中身が空洞で浮いてきてしまうのとでうまく着色できず。スロベニアではチ殻が茶色の玉子が普通で、白色はあまりないからしょうがない、ということ。何とか白い殻の玉子を見つけられないものなのでしょうか…最後に全てに糸を通して飾るそうです。







○柄つきゆで卵
中身のある玉子の周りに花を貼って、ガーゼで包んで、玉ねぎの皮と一緒に熱湯でゆでます。すると、花の部分は着色しないので、花摸様ができます。









・ソースづくり
イースターの時に作るらしいソース作り。ホースラディッシュ(西洋わさび)、りんご、ヨーグルト、塩、こしょうで作ります。さわやかで美味しかったですが、先生いわくツーンとする感じが足りないとか。

・書道紹介
話が変わりますが、日本文化紹介です。子供にやらせるのは難しいので書いて見せました。子供にはあまり面白くないみたいです。

<感想>
上述した内容とは関係ないですが、喜ばせることとやりたいことの両立って難しいなって感じました。突然ですが、ファンルームというおもちゃを知っていますか?シリコンバンドを編んでブレスレットをつくるおもちゃです。

初め、作り方が分からなかったのですが、できる女の子がいたのでその子を見ていたらできたので何気なく作ってました。すると、自分で作れない子たちが次から次へと作ることを頼んできました。自分で作ることができる子も。私は作りながらおしえようとしたのですが、作ろうとしません。(1人は作ろうと作り方をきいてきたのですが・・・)これでいいのかなって疑問でした。確かに、作ってあげると喜びます。それを見て嫌なわけではないですが、自分で作っていた子の創作意欲を剥いでしまった気持ちでした。私が作った方が早くブレスレットが手に入りますが、自分で作ることができれば作ることが目的のおもちゃだし(たぶん)今後作って楽しめると思います。イラストを描いて遊んでいたときもそうでした。一人が私に頼むとみんな頼み始めます。子供は思ったよりもできないから、やってあげていいのか。それをするとほしいものがすぐに手に入る感覚、頼ることに慣れてしまうのではないか。苦労して自分のほしいものを手にいれる経験をさせたほうがいいのではないのか。
ただ子供と遊んでいただけなのに考えすぎなんですかね。私は幼児教育について学んでいるわけではないので、一般的スタンスが分からないからだけなのでしょうか…似たようなことを日本文化の紹介のときに思いました。名前を日本語で書いてあげたら喜びますが、日本に行きたくなるようなことを伝えられたわけではないです。相手と自分のwantを合致させることが難しいなんて、当たり前のことですね。今更ながら痛感しました。。。
 

馬場千佳です。
今日は天気はいいのですが、風が強く、よろけました。
今日の研修についてです。

<今日したこと>
・昨日の玉子のペインティングのつづき
・運動場でのサーキット
イースターのため今週は特別なのですが、今日はスポーツの日ということで運動場にサーキットを作ってそれを園児がこなす、というものでした。5,6歳の子にとってドリブルって難しいんですね。
・他のクラスに出向いて日本の紹介
前日に典型的な日本を紹介してほしいとのことだったので食べ物、着物、桜、寺や神社などを紹介しました。先生のお姉さんが日本での留学経験があるらしく、お守りをもっていました。
<感想>
子供よりも先生が興味をもってくださったのですが、大阪城の屋根の形の意味やお守りの結び目の意味などをきかれて困りました。それが当たり前で理由に疑問を持ったことがなかったので。でも逆に外国で不思議なものを見ると、なんでこうなのって思います。例えば、休日に多くの店が閉まっていることは不思議です。
子供の反応がよかったものは動物。見たことがなくても、知ってる動物とそう大差がないからでしょうか。

明日は伝統的な方法で本物の玉子に色づけするそうです。玉子のデコレーションってそんなに大切なんですかね・・・

馬場千佳です。

日本では桜が咲いているそうですね。
今日からまた普通の研修に戻ります。研修1週目に参加したクラスと同じクラスに行きます。
<今日したこと>
・福笑い
単純だし、可笑しさに言語が必要ないので、いいんじゃないかと思ってやってみました。
子供たちは楽しんでくれたようでよかったです。中には完璧に顔をつくれる子もいて、本当に目を隠しているのか怪しいほどでした。アイマスクと普通のマスクを目隠しに持っていったのですが、サイズが合いませんでした。。。
・イースターのための玉子ペインティング
日本では全くと言っていいほどなじみのないイースターですがクリスチャンが多くいる国ではクリスマスと並ぶ一大イベントです。(イースターの日曜日の次の日は祝日になるほど。)町の雑貨屋さんにはイースターの装飾が、スーパーでもイースターのお菓子が売られています。日本では感じられないイベント感にわくわくです^^
幼稚園では発泡スチロール製のフェイク玉子に紅茶をまぶして?飾り付けをしていました。本物の玉子に玉ねぎで色づけしたりするそうです。
・花の絵をペインティング
緑で着色した背景に黄色と白の絵具を指でスタンプして描いていたのですが、あまり絵具の質がよくなかったらしく、あんまりうまくいってませんでした。普通に筆で書くより園児にとっては難しいんじゃないでしょうか。絵具がきれいにペイントできる力加減がわかっていないようでした。

<感想>
4週間たってようやく、言葉なしにコミュニケーションしたり遊んだりできるようになった気がします。遅すぎますね…言葉が分からくても身振り手振りはもちろん、表情にいつも以上に注意がむきます。逆に自分もいつも以上に表情豊かにしないといけないですね。加えて、たまに園児が言っていることが分かると感動します。

明日は他のクラスに1時間ほど行って日本について紹介する予定です。そのクラスの先生は英語が話せないので、今いるクラスの先生が同伴して通訳してくれるそうです。ありがたい・・・
スロベニアの伝統的なイースターの玉子の着色法スロベニアの伝統的なイースター玉子
幼稚園の子供のイースターの玉子幼稚園でのイースターの玉子

馬場千佳です。
こんにちは、馬場です。
今日はglobal village最終日でした。
形式は初日と同じでブースを生徒が周る、というもの。
<紹介したもの>
おりがみ
日本の伝統工芸
日本語で名前を書く
<感想>
今日も名前を日本語で書くことに追われていました。そんな中、「こんにちは」や「いただきます」を知っている生徒や日本のアニメが好きだと言って自分が描いた絵を見せてくれる生徒など、こんなに離れていても日本について知っている子どもがいることに感動しました。パソコンを開いて日本の風景とか見せることができればよかったです。ある程度は紙媒体で写真とかがあってもよかったかもです。
<5日を経て・・・>
今日が最終日でしたが、興味を持ってもらったうえで日本を紹介することって難しい、っていうのが一番感じたことです。global village後に5日間の振り返りをしましたが、何か与えると(例えばその国の言葉での名前を書く、おかしなど)得ることが目的になってしまって、紹介ができません。20人程度の生徒と輪になって、何かを紹介し、それに対して質疑応答をするという形式が望ましいのではないかという結論になりました。たしかに、言語の面からも1クラスと先生が1グループで来てくれたほうが先生に通訳をお願いできますし、説明しやすいです。5日間、おそらく1000人以上の子供たちに会いましたが、彼らの記憶に日本が残るようなことが自分にはできたのでしょうか。振り返ると、プレゼンの方法とか子供への話しかけ方とか根本的な部分での反省があります。全く同じ経験は今後ないとは思いますが、興味をひいて印象を与えるプレゼンって難しいと痛感しました。。。

明日からは普通の研修に戻ります。既に1週間参加しているクラスなので、有名な日本文化以外も伝えていければと思います。

馬場千佳です。
本日のglobal villageはテーマに沿った10分程度のプレゼンをするだけでした。そのテーマが以下の通りです。
・国旗
・食べ物
あえてすし以外を紹介しました。
・スポーツ選手
イチロー、錦織、羽生、平野の4人を紹介しましたが、たぶん知らなかったのでは・・・?サッカーが人気だからサッカー選手がよかったかもしれません。
・国技
柔道とか空手は知られてるので、なぎなたと合気道を紹介しました。試合のムービーのリアクションはよかったです。
・国に特有な動物
小学生って動物が好きなんですかね。どのインターン生の発表の時も動物での反応はよかったです。
・あかずきんちゃんを日本語で朗読
です。日本語であかずきんちゃんを朗読しても誰も分からないのに…他のインターン生もしかり。スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、アラブ語…
<感想>
今日に限った話じゃないんですけど、他のインターン生のプレゼンを見て日本らしさって何なんだろうって考えてました。トピックって限られてて、自然、都市、食べ物、伝統の踊り・・・でも、made in Japanって製品について話をしたのは私だけでした。たった5か国ですけど、やっぱ日本ってものづくりの国なんですかね。


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 06.スリランカの丘陵地帯に行ったら一面○○だった
    みなと
  • 06.スリランカの丘陵地帯に行ったら一面○○だった
    じんのうち
  • 06.スリランカの丘陵地帯に行ったら一面○○だった
    みなと
  • 04.スリランカのビーチが集まるに南西部に行ってきた ―ウナワトゥナ―
    みなと
  • 03.ジャングルに突如現れる巨大な岩に登ってみた
    じんのうち
  • 03.ジャングルに突如現れる巨大な岩に登ってみた
    なかじ
  • 03.ジャングルに突如現れる巨大な岩に登ってみた
    みなと
  • 03.ジャングルに突如現れる巨大な岩に登ってみた
    たかみりょせ
  • 02. 仏の歯がある寺に行ってみた
    じんのうち
  • 01.スリランカからこんちゃーっす
    じんのうち

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM