こんにちは、福山です。

前回1を書いて満足して、そのまま終わりそうな気がしていたのですが、
一応その2まで書いておこうと思います。


「ここって孤児院なんだな」と強く感じさせられたエピソード、2つ目です。


私がここにおじゃましてから、実は5人の女の子が新たにこの家にやってきました。
一番新しいのが2人姉妹で、6歳と2歳半です。
2人とも、ここで過ごす初めての夜はなかなか眠れず、
お母さんを恋しがって泣き出してしまいました。


これには私もスタッフもやりきれない思いでいっぱいでした。
結局、スタッフが一晩中あやしてなんとか朝方には眠れたようです。
私は部屋に戻り、彼女たちの母親のことを考えていました。


姉妹はその日、母親とともにお昼頃に家にやってきました。
母親は見る限り元気そうで、オーナーと笑顔で会話していました。
お昼ごはんを一緒に食べた後、子どもを残して家を去っていったのですが、
車に乗り込んでいく間、彼女は子どもを気にかけるそぶりさえ見せませんでした。


そんなことが目の前であって、自分は何も言えなくて。
「あ、母親ってこんなにも簡単に子どもや子育てを放棄できるんやな」
って感じてしまいました。
もちろん、彼女の抱える事情は何一つ知りませんし、
彼女が何を思って子どもを置いていったのかはわかりません。


けれど、泣いて寂しがる小さな子どもを見ていると、
どんな事情があったとしても、子どもにとって母親はひとりしかいなくて、
そこから逃げ出すなんて…と思わざるを得ませんでした。



そしてこの夜、以前オーナーに言われたある言葉を思い出しました。

 ”They were already born.”

聞いた瞬間から私の中に刺さったままの言葉です。

「彼女たちはもう生まれてきてしまっているのだから、
 誰かが面倒を見ないといけない。」


正直、こんな言葉、子どもを愛する教育者から聞きたくなかったです。
でもこの2週間で5人の女の子が育児を放棄されている現実があります。


すべての子どもが愛される世界であってほしい。
どんな子どもも、望まれて生まれてきてほしい。

心からそう思います。
 

  • -
  • 09:40
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
こんばんは。雅也です。

教育者である前に養育者なんでしょうかね。オーナーはなにを思って彼女たちを育てているんでしょうか…。正義感からなのかそれとも他の何かからなのか。金儲けってわけではなさそうですし、愛情と言っても形は様々ですね…。
  • まさや
  • 2016/03/24 21:17
最後の2行には、激しく同意します。

以前コウノドリが話題になりましたが、その話の中で「赤ちゃんに罪はない」というセリフがありました(おそらく…)。そして本当にそのセリフ通りだと思っています。
しかし日本においても赤ちゃんポストを増設するなど、願いとは裏腹な現状があるというのもまた事実です。
妊娠には、望まれないケースもあるので一概に声高々に訴えられませんが、少しでも親のエゴで母親のぬくもりから遠ざけられる子供が減れば…と思います
  • みなと
  • 2016/03/29 22:59





   
この記事のトラックバックURL : http://ep-osaka.jugem.jp/trackback/290

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 06.スリランカの丘陵地帯に行ったら一面○○だった
    みなと
  • 06.スリランカの丘陵地帯に行ったら一面○○だった
    じんのうち
  • 06.スリランカの丘陵地帯に行ったら一面○○だった
    みなと
  • 04.スリランカのビーチが集まるに南西部に行ってきた ―ウナワトゥナ―
    みなと
  • 03.ジャングルに突如現れる巨大な岩に登ってみた
    じんのうち
  • 03.ジャングルに突如現れる巨大な岩に登ってみた
    なかじ
  • 03.ジャングルに突如現れる巨大な岩に登ってみた
    みなと
  • 03.ジャングルに突如現れる巨大な岩に登ってみた
    たかみりょせ
  • 02. 仏の歯がある寺に行ってみた
    じんのうち
  • 01.スリランカからこんちゃーっす
    じんのうち

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM