こんにちは!
いよいよ9月に入りました。
日本の暑さはおさまってきているのでしょうか?

マレーシアは1年中夏なので、相変わらずの気温です笑

今回は、前回書いていた通り、マレーシア独立記念日のことを紹介した後、
休暇中に訪れたペナン島・ランカウイ島のことを少し書きたいと思います!

遅ればせながら、8月29日から研修3週目に突入しました。
2週目の目標の自己評価と3週目の目標も最後に書こうと思うので、
最後まで読んでもらえると嬉しいです^^

ではでは、早速マレーシア独立記念日について…

マレーシアでは、29日から祝日が続き、国中が約1週間ほど休暇をとります。
この休暇の中にマレーシア独立記念日があるんです!(以下詳細)

※30日:マレーシアで最も大きな割合を占めるムスリムの人々が、ラマダーンの断食を
    終える日(ハリラヤ)です。この日はラジオからスラマッハリラヤという祝い
    の言葉がしきりに流れていました!)
 31日:Independent Day(マレーシアがイギリスから独立した記念日:1957年)
    この日には、国を挙げてパレードが行われたり、家々が門を開放して親戚、友人
    に限らず訪れる人々に無料で料理をふるまってもてなしたり(オープンハウスとい    う)します。首相官邸でのオープンハウスは、首相と直接会って、もしかしたら握    手もできる貴重な機会です!!

わたしたち研修生も約1週間、休暇をもらえることになったので、
上記にも記載しましたが、他の研修生とペナン島とランカウイ島を訪れました。
(プロジェクトの進行状況を考えると、旅行中も何かしらプロジェクトに対しての
アクションを起こさないといけなくて、複雑な心境でしたが…^^;)

ペナン島やランカウイ島は、リゾート地として政府が観光開発を進めているところ
なので、もしかしたら既にご存知の方も多いかもしれません。

ペナン島は、マレーシア本島からバスで5時間くらいかかる大きな島です。
イギリスに占領されていたころの建物が多く残っていて、とても歴史的な
街並みで、ちょっと本島とは雰囲気が違いました。

ランカウイ島は、ビーチがとてもきれいで、海外からの観光客も多かったです。
ただ、旅行中ほとんど雨が降っていたので、なかなか泳いだりはできませんでした。

でも、ビーチの他にもたくさん観光名所があるので、雨でも十分ランカウイ島を
楽しめると思います。
※4時間100リンギットでランカウイ島をタクシーでぐるっと廻る
ことができます。(100リンギット=2500〜3000円)

2島とも、素敵なところなので、是非機会があれば訪れてみてください!
(写真はランカウイ島のフェリーターミナルから撮影したもの)


旅行日記みたいになってしまうと主旨がずれるので、旅行の話はこの辺にして、
2週間目の自己評価と3週間目の目標を書きたいと思います!

------------------------------------------------------------------------------------
✿2週間目の目標およびその自己評価✿

1、少なくとも一つ、何か自分から提案をすること。そしてそれを実現すること。

→達成できませんでした…予定されていたワークショップの日程が1週間ほどずれ
た影響もありますが、それを言い訳にはできないので、十分反省しようと思います…;

一応、旅行中にHIV/AIDS啓発ワークショップのプランを作ったので、
それについてEP間で話し合い、再来週くらいに予定されているHIV/AIDS
啓発ワークショップをどのように実施するか決定したいです。
それにしても話し合いがなかなか進まないです><
活動の準備の仕方、時間の感覚が出身国・文化背景によって
大きく異なっているように感じます。

2、現地NGO活動・マレーシアの社会問題について学ぶこと。

→現地アイセッカーにマレーシアの学校制度について聞きました。
マレーシアには4種類の学校があり、学校の種類によって学習する
言語が異なるそうです。話しを聞いたアイセッカーはナショナル
スクール出身で、中国語・英語を主に学習したとのこと。
日本にもインターナショナルスクール、私学、公立など学校の種類が
複数ありますが、マレーシアの学校はその違いが学習内容に大きく
影響しているところが興味深いと思いました。マレーシアの言語学習
については、継続してもっと深く調べていきたいと思います!
--------------------------------------------------------------------------------

✿3週間目の目標✿

1、先週出来なかったので、ワークショップの企画提案をすること。
EPで実現可能なところまで話し合いをすること。

2、唯一進めかけている日本文化紹介のコンテンツを詰めること。

せっかく実際に日本からマレーシアに来ているので、ネットなどでは
できない体験をしてもらいたいと思っています。
自分が授業を受ける側にたって、どんなプランがベストか考えていきたいです。
-----------------------------------------------------------------------------------

それでは、今回はこのへんで(^^)




 お久しぶりです:D

最近ずっと帰りが遅めだったので、ブログ更新ができてませんでした;

今回は8月23日に訪問したshelter homeのことを書きたいと思います!

わたしにとって、shelter homeはあまり聞きなれない単語なのですが、
みなさんはshelter homeをご存じですか?

shelter homeは例えば震災で家をなくした人のための家を指したり、
家がない子どもたちが集団で暮らす家を指したりします。

今回わたしが訪問したのは、HIV/AIDSの子どもたち(6歳〜13歳くらい)が暮らす
家でした。(子どもたちのうち数人は、親と一緒にその家に暮らしているそうです。)

このshelter homeはUPM(University Putra Malaysia)のアイセックメンバーが
以前から関わっているNGOが運営しているところで、最初にNGOの方に彼らの活動に
ついて、そしてHIV/AIDSの感染者が抱える社会的困難についてお話を聞きました。

NGOが始動したのは1993年、最初はHIV/AIDSに感染した成人女性を
対象に活動していましたが、2001年くらいからHIV/AIDSに感染した
子どもたちも対象に入れ、活動を展開してきたそうです。

shelter homeをつくるにあたっての、NGOの主な目的は、
・「子どもたちに安心できる家を提供すること」
・「子どもたちがhomeを出た後、社会に適応し、自立した生活ができるように
教育すること」
の2点。

ここで、ひとつQuestion。
あなたは「HIV/AIDSに感染した子どもたちが抱える社会問題」とはどのようなものだと考えますか?

NGOの方から聞いた、この問いかけに関するお話が、とても印象に残っているので、
書いておこうと思います。

子どもたちが抱える大きな社会問題のひとつに、差別や偏見により、
他の子どもたちと同じように勉強できず、就職が困難になるということがあります。

NGOでは、学校教育の補助的教育(自主学習の補助)を行ったり、
絵や音楽など特別なスキルを子どもたちが身につけられるように
活動しているそうです。

日本も同じことが言えると思いますが、マレーシアではHIV/AIDSについて
正しい知識がまだ十分広まっていません。

できるだけ多くの人々がHIV/AIDSについて正しい知識を身につけることが
差別・偏見の解消につながり、社会がHIV/AIDS感染者をより温かく受け
入れられるようになると思うので、わたし自身がまず正しい知識を身につけて、
それを今回のプロジェクトを通して、わかりやすく伝えられるようにしたいです。


NGOの方からこうしたお話を聞いた後、shelter homeの子どもたちと
前々からこの日のために計画していたゲームをして遊びました。

子どもたちはとても最初は少し人見知りしていたものの、
とても人なつっこく、とても可愛かったです!

帰る時が本当に寂しくて、また、マレー語が理解できないために
子どもたちと会話がなかなかできなくてもどかしかったですが、
言葉が通じなくても、子どもたちとすごく楽しい時間を過ごすことが
できました。


インターンシップという形式上、継続的に訪問できないのが
すごく残念です。

また行きたいとは思いますが、帰国後は行くことが難しいので、
子どもたちにとってはかえってよくないのかもしれないと今ためらっています。



次回はマレーシアのIndependent Dayのことを書こうと思います!















 こんにちは!

今日で研修開始から2週間目に突入します。

1週間、最初の方は時間がすぎるのが遅く感じられ、帰りたい気持ちも少し
あったりしましたが、やっとこちらの生活にも慣れてきたような気がします。

いきなりですが、皆さんは言語や外国語を勉強することについて
どう考えておられますか?

実は、今、同じプロジェクトに参加している5人(私含めて)のうち、
3人がアラビア語を流暢に話すので、日々の会話の大半がアラビア語
で行われている状況です。

英語が通じないかもしれないとは思っていましたが、まさかアラビア語を
使わなければいけないとは思いもしなかったので、改めて言語の壁を乗り
越えることの難しさを痛感しています。

なんとなく話の流れから推測できるところもあるのですが、会話について
いくのはほぼ不可能です。

考えられる対策は2つ。
・日常会話は英語でしてくれるよう頼む
・私がアラビア語を習得する

わたしはもともと言語が好きなので、できればアラビア語を少しでも
話せるようにしたいと思い、早速、紀伊国屋(マレーシアにも紀伊国屋
があるんです:ー))でアラビア語のテキストを買いました。

でも、買った後、エジプト人の友達にそれはサウジアラビアで話されてる
アラビア語だよ、といわれました。
アラビア語会話についていくには、まだまだ道が通そうです…笑

今はひたすら会話を推測しながら頑張ります:D

前回、初めて写真をブログに載せることに成功し嬉しくなってしまったので
今回も写真を1枚乗せたいと思います。


これはLittle Indiaという露店がいくつも並んでいるところで買いました。
名前がわからないのですが、外はクレープみたいになってて、
チキンカレーが中に入っています。
とても美味しいのでおすすめです!

最後に、マレーシアに到着した8月15日から今日までを振り返ると、
マレーシアの人々はとてもあたたかく、日々、多くの出会い
に恵まれた1週間だったと思います。

最初に立てた1週間の目標もなんとか達成できたので、
次週は以下3点を目標にします。

1、少なくとも一つ、何か自分から提案をすること。
そしてそれを実現すること。
2、現地NGO活動・マレーシアの社会問題について学ぶこと。
(もともとわたしは教育に興味があるので、特にマレーシアの
教育について調べていきたいと思います。)

明日は、HIV/AIDSに感染した子どもたちが暮らすシェルターホームを
訪問し、一緒に遊ぶ予定です。子どもたちはまだ年齢が小さいので、
HIV/AIDSが何なのか、ましてや自身が感染していることを全く知りません。

施設では、HIV/AIDSのことや感染していることについて子どもたちに
伝えることはタブーだそうです。

彼らをめいっぱい楽しませられるよう、面白いコンテンツをたくさん用意
していきたいと思います。

今、日本昔話(浦島太郎)の紙芝居を作成中です。
明日までに完成させられるように頑張ります!

それでは、長くなりましたがこのへんで。


















 こんにちは!

そろそろマレーシアにきてから5日が過ぎます。
昨日やっとプロジェクトメンバーがそろって、いよいよ研修が本格的に始まります。

緊張…!

今日はそのスターティングとして、中国系のsecondary schoolに
アイセックのプロモーション活動をしに行きました。



前回は集会場のようなところで100人以上の生徒を前にプレゼンでしたが、
今日は3つの教室にお邪魔し、生徒さん達にアイセックのインターンに対する
期待やマレーシアという国を選んだ理由などを話しました。

わたしたちが最初に行った教室の生徒はおそらく15歳くらいかと
思うのですが、外国人に興味深々のようでした。

アイセックの説明をしてから日本語をすこし教えたのですが、
「おはよう」「こんにちは」「いただきます」がすべてわかる生徒さんも
いて、日常的な日本語はアニメや漫画などでかなり浸透してるのかも
知れないと思いました。

午後は大きなショッピングモールで昼ごはん。
コーンスープのシェイクみたいのを注文したのですが、思ったより
とってもおいしくて、日本に帰ったら一度コーンスープを凍らせてみようと
思いました。
皆さんも、保証はできないんですが(笑)、是非ためしてみてください!

食事を終えた後は、ステイ先に戻って洗濯。
初めの方は使い方がわからなくて、かなり時間がかかりました!

結局、脱水の仕方がわからなくてびとびとのまま部屋に干しました;
次は脱水もちゃんとできるようにしたいと思います!



右下のが洗濯機、左に並んでいるロッカールームみたいのがシャワールームです。
こちらでは、シャワーの水が冷水です。




マレーシアの気温は32度くらいなので、そう日本と大きk変わらないのかもしれないですが、
冷水シャワーも慣れたらたぶん気持ちいいと思います。

なんか前回もお風呂事情について書いてしまったような気が…

次回はお風呂以外の話題でまた更新しようと思います!

それではまた✿


 
お久ぶりです。
伊関です!

今のアコモはネット接続ができないので、
なかなかブログも更新できません;

コメントくれた3人の皆さま、ありがとうございます^^

今日で研修も3日目なので、軽く今までのことをかきます。

8月14日
日本から上海はそんなに問題なかったのですが、上海からクアラルンプール
の飛行機が30分遅れました。こんなことは”ざら”みたいですが…

上海からクアラルンプールまでの飛行機はほぼ中国人のお客さんばかりで、
機内食の注文も??ってなりました。
でも、優しい隣のおじさまが英語でちゃんとFish or Pork?って聞いてくれました!

優しい人々の助けのおかげで無事KLIA(クアラルンプール国際空港)着。
着いたのが午前3時だったにもかかわらず、ちゃんと現地AIESECの人が迎えに来てくれました。

この日一番びっくりしたのは、アコモのお風呂。
今日は写真が載せられないのですが、(後で載せます!)全然日本と
違って、なんかホースみたいのから水がでて、それを頭からぶっかける方式
でした。初日はそのホースの使い方もわからなくて、そこらへんにたまってた
水をとりあえず使用。うーん、これはなかなか慣れません。
でも、慣れないことも異文化体験!
とりあえず最初の1週間はなんでも試してマレーシアを肌で感じられるように
したいと思います。

8月15日
この日は中国系マレーシア人のAIESECの人と買い物へ。
ショッピングモールは日本のとあまり変わりませんでした。

でも、KLへ行くまでのバスがちょっと違って、
マレーシアではバスの時間は固定されてないそうで、
結構待ちました。バスの本数もいーっぱいあって、
まだたぶん一人では乗れません。

ショッピングの後、初めて中国のパタヤという料理を食べました。
これは見た目オムライスですが、とっても辛くて舌のひりひりが
なかなか治りませんでした!

この日印象的だったのは、マレーシアはほんとに車が多くて
(一人1台持ってるそう)自転車は1台しか見なかったこと。
現地の人によれば、環境問題のことは考えるけど、実際
行動には移せてないそう。日本もそういうとこあるなぁ
と思いました。
(環境問題への配慮として、マレーシアでは、土曜日が買い物袋なしの日
としてるそうで、土曜日買い物に行く場合は袋を持参しないといけないみたいです。)

ちょっと時間がないので急ぎます。

8月16日
この日は初めて現地の高校でプレゼンをしました。
プレゼンといっても、マレーシアを選んだ理由と研修の利点を
5分くらい発表しただけですが、100人以上の生徒を前に
話すのはとても緊張しました。

今後こういう機会がまたあると思うので、プレゼン力向上に向けて
頑張ります。
※AIESECerの活動体系が日本のとは結構違うみたいなので、
それも随時これから報告したいと思います。

昼からは新しく到着した2人のEP(オーストリア人のNarminと日本人の
しょう)とアコモ近辺をうろうろ。

夜はバザーという、屋台みたいのがいっぱいでてるとこで
カレーみたいのを買って食べました。
これがまた辛い。

日本に帰るころにはきっと舌がかなり強靭になってると思います(笑)

それにしても、現地アイセックの人たちはとても親切です。

わたしも現地コミュニティに貢献できるよう、これからその方法
を色々考えていきたいです!




最後に、1週間目の目標。
1週間目の目標は....
1:現地の生活・インターンに慣れる。
2:まかせられたことをまずきちんとやる。(無思考に、ではなくそこに何か目標を見つける。)
3:大きな(はきはきした)声と笑顔を心がける。
評価指標は、毎日ブログを更新…だったのですが、これはネット環境上厳しいので、
日記を毎日書く。
それから他のEPに研修に参加した理由、マレーシアを選んだ理由を聞いてみる。
とします^^

すでに他の3人に聞いてみたのですが、もう行かないといけないので、その
報告はまた今度。

それでは、またネットにアクセスでき次第どんどん更新+写真を載せて
行きたいと思います^^










はじめまして。大阪大学2回生の伊関悠佳です。
ブログは初めてなので、ちょっと緊張しています^^


いよいよ明日から6週間、マレーシアでインターンシップをしてきます!

4月31日にインターンシップをすることを決意してから、もう4ヵ月。
行き先、インターンシップの内容が正式に決定してから弱1カ月。

ほんとに時間がたつのは早いです。

十分な準備ができたとはなかなか言えませんが、
人々の役に立てるよう、精一杯頑張って来たいと思います!

わたしが参加するインターンシップでは、現地NGOと協働して
HIV/AIDSの啓発活動を行います。

海外に比べ、日本国内で報告されている感染例は少ないので、
なかなか普段からHIV/AIDSに問題意識を持つことはないかもしれません。

わたし自身、今までHIV/AIDSについて特に強い問題意識を
持ち、専門的に勉強したことはありませんでした。



こんなわたしがどうHIV/AIDSの啓発活動に取り組んでいくのか、
このブログを書くことで、自分自身も振り返りながら、6週間を
大切に過ごしたいと思います!

なるべくこまめに更新していきたいと思うので、是非これからよろしく
お願いします♪









 アイセック大阪大学委員会が送り出した、研修生用ブログです。











アイセック大阪大学委員会のTwitter→@AIESEC_OSAKA


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 06.スリランカの丘陵地帯に行ったら一面○○だった
    みなと
  • 06.スリランカの丘陵地帯に行ったら一面○○だった
    じんのうち
  • 06.スリランカの丘陵地帯に行ったら一面○○だった
    みなと
  • 04.スリランカのビーチが集まるに南西部に行ってきた ―ウナワトゥナ―
    みなと
  • 03.ジャングルに突如現れる巨大な岩に登ってみた
    じんのうち
  • 03.ジャングルに突如現れる巨大な岩に登ってみた
    なかじ
  • 03.ジャングルに突如現れる巨大な岩に登ってみた
    みなと
  • 03.ジャングルに突如現れる巨大な岩に登ってみた
    たかみりょせ
  • 02. 仏の歯がある寺に行ってみた
    じんのうち
  • 01.スリランカからこんちゃーっす
    じんのうち

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM